前へ
次へ

債務整理をするときの重要なポイント

法律事務所を通せば、債務整理も簡単に実践することができます。
その際には、債務整理に精通してい

more

事務所を頼って債務整理する

実際に債務整理する場合、法律事務所を頼る必要があります。
優秀な弁護士が在籍しており、債務整理

more

債務整理をこれから実践する時は

これからまさに債務整理をする予定なら、それを最初から全力でサポートしてくれる、百戦錬磨の頼もしい法律

more

バイトやパートタイマーでも債務整理可能か否か

バイトやパートタイマーが債務整理できるか否かというような問題点を勘案する場合において、得られる収入額がポイントになります。
債務整理に関する手続きには、任意整理それから、個人再生や自己破産といったタイプがありますが、これらには手続きした後に債権者に向けての返済が残ってしまうものがあります。
ですので、こういった手続きを利用するケースでは、手続きした後の債権者に向かっての返済を継続することができることが大事となっています。
その影響で、実際の手続きによりましては、安定感のある確立された収入額がどうしても必要になるものがあります。
安定感のある収入額とは、完済する迄の間において、債権者に向けての返済が継続化出来るくらいの収入額という意味です。

お客様第一がモットーの福岡の探偵社
プライバシー厳守でお客様の気になる情報をお調べします

広島随一の撮影技術があるもみじ探偵社です

バイトやパートタイマーのケースでは、以上のような安定収入がないケースがあるので、債務整理できないかもしれないと受けとめられるのです。
しかしながら、現実的には収入額が多くないバイトやパートタイマーでも、月ごとの負担さえ減れば収入額から暮らし行えるようになるので、実行して完全返済を目指すことができます。
では、返済額はいくら位減額できるのかについてですが、まず、任意整理のケースでは、利息制限法をオーバーした利率に根差している取引があったか否かで減額幅が差が出ます。
利息制限法をオーバーした取引があるケースでは、大幅に減額されます。
利息制限法をオーバーした取引がないケースであっても、合意した後の将来利息を軽くしてもらえるので借金の返済額は減額されることになります。
個人再生のケースでは、借金そのものが元本ごと大きく減額されることになります。
減額幅については、借金額や財産事情によっても違ってきますが、ひとつの例として借金の額が1500万円未満は、5分の1までカットできます。
自己破産を行なうと、義務がなくなります。
そのため、借金が0ということになります。

Page Top